【宅録】夢の中

 

若い頃、たくさん曲を書いて「宅録」していました。妻の映子にはどの曲も気に入ってもらえませんでしたが、この曲だけは気に入ったのか歌ってくれました。そのテープはもう捨ててしまったようです。

 

「夢の中」の再生、Credit、歌詞

 

 

夢の中
(詩:椎由怜太 曲:米島 勉)

夢の中 あの人は 私を迎えに来てくれたの
野の花に囲まれて あの人なんだか 照れてるみたい
南風吹いて ひばりのさえずり
やさしく二人の時が過ぎて行く
あなたのそばから離れたくない私です

想い出はシャボン玉 膨らみすぎると 壊れてしまう
虹色に輝いて 次から次へと 壊れてしまう
二人の出会いも 二人の言葉も
すべてを包んで青い空の下
小さくパチンと壊れる音が聞こえます

過ぎて行く 時の中 あなたは私にさよならして
いつの日か会えるよと 約束必ず忘れないでね
あなたの後から 涙を隠して
手を振る私の長い影法師
あなたに会いたい そんな夢見てる私です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事