ジェームズ・テイラーの「YYou've Got A Friend(君の友達)」は1971年に発表された曲で、作詞・作曲はキャロル・キングです。

とても分かりやすい英文で書かれているので、英語を学ぶのに適した「詩」だと言えます。

「落ち込んでいる」表現

When you’re down and troubled
and you need a helping hand
and nothing, nothing is going right

Carol King

君の心が沈んで、苦しくて、
助けが必要なとき、
そして何事もうまく行かないとき

● down (形容詞)心が沈んでいる

● troubled ( trouble の過去分詞 )
trouble は「困らせる」という意味の他動詞なので、自分が「困っている」状況は、受け身(過去分詞)を用いる。

● need a helping hand(助けの手を必要としている)

● Nothing is going right. (何事もうまく行かない)
go right は「よい方向に向かう」「うまくいく」という意味。反対は go wrong

 

簡単な表現で「困っている」は、上記のほかに、

I'm in trouble.
I have some trouble.
I'm in need.

等があります。

タイトルの「You've Got A Friend」は「You Have A Friend」と同じ意味です。

つまり、「have got」=「have」ということです。

 

この歌の途中にこういう表現も出てきます。

Winter, spring, summer or fall, all you’ve got to do is call

Carol King

冬でも、夏でも、秋でも、春でも、君は呼びさえすればいい

 

< all you have to do の構文 >

all you have to do は「あなたがしなければならない全て」という意味です。

have は「 have got 」と表現されることが多く、all you've got to do でも同じことです。

この文は、主語として使われると、「補語」の to はほとんど省略されます。

All you've got to do is (to) call

allは「それがすべてだ」という意味なので、「~しなえすればよい」ということになります。

したがって、

All you've got to do is (to) call
「君は呼びさえすればよい」と訳せます。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事