【宅録】上辺だけの言葉

 

以前作っていた曲で、「花の乙女」という大久保さんの詩に曲をつけていたものですが、なにか違うなと思って、自分で詩を書いてみました。

 

「上辺だけの言葉」の再生、Credit、歌詞

 

 

上辺だけの言葉
(詩:椎由怜太 曲:米島 勉)

二人で過ごした日々の出来事が
今は遠い思い出の中 夢のひとこま
夢ならいい加減に覚めてもいい頃
こんな日が来るなんて思ってもみなかった
あなたのその愛に包まれた毎日は
明日もその次の日も来ると信じていたのに
ある日突然まるで嘘のように
幸せだった日々に終わりがきた
二人で同じ道を歩いて行こうと誓った
あの約束は上辺だけの言葉

あなたの優しさにあふれていた頃を
青い青い空だと信じていたのに
ある日突然まるで嘘のように
幸せだった日々に終わりがきた
二人で同じ道を歩いて行こうと誓った
あの約束は上辺だけの言葉

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事