二次元

 

「二次元」というのはカガミの世界のことですよ。
大学のころ付き合っていた「美人の彼女」がいつもカガミばかり気にしていて・・・

ヒロシ
結局、いつの間にかフラれていました。

 

 

 POINT 
音量に注意して、「ヘッドホン」か「イヤホン」でお聴きください。

 

「この曲いいね!」と感じて頂けたら、ぜひ下記のお好きな「SNS」でシェアしてください。お願いします。

二次元

 

詞:椎由怜太
曲:米島 勤

長い髪をとかし 爪に赤いマニキュア
冷たい鏡の中で 君は僕を見ている

白い壁にもたれ 膝をかかえながら
君の背中を見ている 僕はまるで子供のように

鏡の中で揺らめく 君はいつも綺麗だよ
素顔に戻れないのは 悲しいけれど

涙流しながら 差し伸べたこの手が
君に届くはずもない 君の世界は二次元

別れてゆく時も いつもと変わらずに
風が通り抜けるように 君は部屋を出て行く

枯葉が落ちるより軽い君のさよなら
部屋にわずかな香り それが君のやさしさなのか

君はついに最後まで 鏡の中でお芝居
幕が下りてしまえば 君はもういない

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事