【歌詞】英詩に曲をつけたオリジナル作品「The Mirror」

 

A. A. Milne の詩集「 When We Were Very Young 」の中の The Mirror に曲をつけてみました。邦題は「湖上の白鳥

 

 POINT 
音量に注意して、「ヘッドホン」か「イヤホン」でお聴きください。

 

 

The Mirror

邦題:湖上の白鳥

詩:A. A. Milne
曲:Tsutomu Yonejima

 

Between the woods the afternoon
木々の間で 午後の日差しが

Is fallen in a golden swoon
キラキラと眩しい

The sun looks down from quiet skies
太陽が静かな空から見下ろす

To where a quiet water lies
静かな水が横たわる場所を

And silent trees stoop down to trees
そして静かな木々は木々に寄り添う

 

And there I saw a white swan make
そこで私は1羽の白鳥が

Another white swan in the lake
湖の上でもう一羽の白鳥を作るのを見た

And breast to breast, both motionless
胸と胸を合わせて、どちらも動くことなく

They waited for the wind’s caress
彼らは風が心地よくあたるのを待っていた

And all the water was at ease
湖はすっかり穏やかだった

 

 

「この曲いいね!」と感じて頂けたら、ぜひ下記のお好きな「SNS」でシェアしてください。お願いします。