The Invaders

 

A. A. Milne の詩集「 When We Were Very Young 」の中の The Invaders に曲をつけてみました。森の静寂の中に牛がぞろぞろとやって来る場面を歌っています。

 

 POINT 
音量に注意して、「ヘッドホン」か「イヤホン」でお聴きください。

 

 

The Invaders
侵入者

(邦題:森の侵入者)

詩:A. A. Milne
曲:Tsutomu Yonejima

In careless patches through the wood
森の中の無造作な片隅に

The clumps of yellow primrose stood
黄色いサクラソウの群れが咲いて

And sheets of white anemones
敷き詰められた白いアネモネが

Like driven snow against the trees
木に雪が吹き付けたように

Had covered up the violet
スミレに覆いかぶさっていた

But left the blue-bells bluer yet
でもまだブルーベルの青さを残したままで

 

Along the narrow carpet ride
狭い乗馬道に沿って

With primroses on either side
道の両側にサクラソウが咲いて

Between their shadows and the sun
太陽と自分たちの影の間を

The cows came slowly, one by one
牛がゆっくりと一頭づつやってきた

Breathing the early morning air
朝の空気を吸いながら

And leaving it still sweeter there
その場で空気をさらに甘く残しながら

 

And, one by one, intent upon
そして、一頭づつ、一心になって

Their purposes, they followed on
彼らの目指すところへ、続いていった

In ordered silence. . . and were gone
整然とした沈黙の中を・・・そして通り過ぎてしまった

But all the little wood was still
でも木々たちはじっとして

As if it waited so, until
まるでそんなふうにして待っているかのように

 

Some blackbird on an outpost yew
はずれにあるイチイの木にとまった黒い鳥が

Watching the slow procession through
ゆっくりとした行列が通るのを見ながら

Lifted his yellow beak at last
ついに彼の黄色いくちばしを上げて

To whistle that the line had passed
行列が通り過ぎたと口笛を吹くのを

Then all the wood began to sing
すると森中が歌い始めた

Its morning anthem to the spring
春を称える朝の賛美歌を

 

 

「この曲いいね!」と感じて頂けたら、ぜひ下記のお好きな「SNS」でシェアしてください。お願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事