【宅録】もう少しここにいて

【宅録】タイトル:もう少しここにいて

 

MEMO
以前、通っていた「ファンダンゴ」というショット・バーのことを歌ったオリジナルです。

 

 

(詩:椎由怜太 曲:米島 勉)

悲しみがグラスの中に溶けてゆく
琥珀色のためいきを指でかき混ぜる
部屋に流れるメキシコのリズム
ああ今夜も僕はここにいる

君の前には夜明けのテキーラ
口もつけずにただ見つめてばかり
あれからどれくらいたったのだろう

もう少しここにいて 僕のそばにいて
遠い昔の話をしよう
思い出はそこにあるから...

悲しみは時の流れに薄らいで
忘れたいほどの古傷も癒えたはずなのに
部屋にふたたびあの頃の歌
ああ今夜も僕は酔いしれる

丸いグラスの影が揺れている
迷い疲れた薄明りの中で
あれからどれくらいたったのだろう

もう少しここにいて 僕のそばにいて
つまらない話で笑い転げて
何もかも忘れたいから...

もう少しここにいて 僕のそばにいて
つまらない話で笑い転げて
何もかも忘れたいから...

悲しみがグラスの中に溶けてゆく...

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事