【宅録】春の雨ー音楽に理論や上級テクニックは不要!

最初に、適当に「歌詞」を書いて、以前温めておいた「コード進行」をギターで爪弾く。

何となく「メロディ」が浮かぶまで、何度も爪弾く。

メロディが浮かんだら、「サビ」の部分を加えて、適当に1曲完成させる。

 

 POINT 
音量に注意して、「ヘッドホン」か「イヤホン」でお聴きください。

 

 

春の雨

 

詞:椎由怜太
曲:米島 勤

春の雨はやさしく...
絶え間なく降り続く
過去に別れを告げるように
静かに大地へ帰る

春の雨はすべてに
惜しみなく愛を注ぐ
心の傷を癒すように
新たな命育てる

春の雨は悲しく...
いつまでも降り続く
取り残された枯葉が
やがて大地に帰る

春の雨はやさしく...
春の雨は悲しく...

 

「この曲いいね!」と感じて頂けたら、ぜひ下記のお好きな「SNS」でシェアしてください。お願いします。

春の雨

 

「ベースライン」は「メロディー」と「リズム」が決まったあと、じっくり考えて、かなり苦労しました。

頭の中は、「ブルース」の雰囲気でいっぱいでした。

 

自分で「作曲」したのはここまです。

「ドラム」や「ピアノ・ギター」は「音楽ソフト」まかせ。

特に、ブルースっぽい「ギター」を見つけるのが大変でした。

自分で楽器を弾けないので、多くの「サンプル」から曲に合った「フレーズ」を探してくるのに、かなりの時間をさきました。

エリック・クラプトンの弾く「ギター」の音を意識しながら、来る日も、来る日も「ぴったし!」のフレーズを探して、探して・・・

 

「作詞・作曲」よりも、「宅録」のほうが何倍も時間がかかります。

ああでもない、こうでもない、で完成したのがこの「曲」です。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事