Spring Morning: A. A. Milne's poem

 

A. A. Milne の詩集「 When We Were Very Young 」の中の Spring Morning に曲をつけてみました。凧になった気持ちで大空を飛び回っています。

 

 POINT 
音量に注意して、「ヘッドホン」か「イヤホン」でお聴きください。

 

 

Spring Morning
春の朝

詩:A. A. Milne
曲:Tsutomu Yonejima

Where am I going? I don’t quite know.
僕はどこに行ってるの? まったく分からない

Down to the stream where the king-cups grow
キンポウゲが咲いている小川のほうへ

Up on the hill where the pine-trees blow
松の木が揺れる丘のほうに

Anywhere, anywhere. I don’ know.
どこへ行くのか、どこへ行くのか分からない

Where am I going? The clouds sail by.
僕はどこに行ってるの? 雲が通り過ぎる

Little ones, baby ones, over the sky.
空の上を小さい雲、赤ちゃん雲

Where am I going? The shadows pass.
僕はどこに行ってるの? 影が通り過ぎる

Little ones, baby ones, over the grass.
野原の上を小さい影、赤ちゃん影

 

If you were a cloud and sailed up there,
もし雲になってそこを漂っていたら

You’d sail on water as blue as air,
空のように青い海の上を漂うだろう

And you’d see me here in the fields and say:
そして君は野原から僕を見て言うだろう

“Doesn’t the sky look green today?”
「今日は空が緑に見えないかい?」って

 

Where am I going? The high rooks call:
僕はどこに行っているの? 空のカラスが呼びかける

“It’s awful fun to be born at all.”
「生まれてくるって本当に楽しいね。」

Where am I going? The ring-doves coo:
僕はどこに行ってるの? ハトがクークーと鳴く

"We do have beautiful things to do.”
「僕たちはたくさん素敵なことをしなければならない。」

 

If you were a bird and lived on high,
もし鳥になって、空に住むなら

You’d lean on the wind when the wind came by,
風が吹いたら風にもたれかかるだろう

You’d say to the wind when it took you away:
風が君をどこかへ運んでいったら、君は風に言うだろう

“That’s where I wanted to go today!”
「ここが今日僕が行きたかったところなんだ。」

Where am I going? I don’t quite know.
僕はどこに行ってるの? まったく分からない

What does it matter where people go?
人がどこに行こうと、どうってこともない

Down to the wood where the blue-bells grow
ブルーベルが咲いている森のほうへ

Anywhere, anywhere. I don’ know
どこへ行くのか、どこへ行くのか分からない

 

 

「この曲いいね!」と感じて頂けたら、ぜひ下記のお好きな「SNS」でシェアしてください。お願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事