She Loves You」はビートルズの初期の作品です。

"I love you." というフレーズに慣れていた矢先に、"She loves you." という「タイトル」に何か斬新なものを感じたものです。

「3単現のs」について

She loves you yeah, year, yeah
She loves you yeah, year, yeah
She loves you yeah, year, yeah, yeah

By Lennon/MacCartney

「私」を1人称、( be 動詞は am
「あなた」を2人称、( be 動詞は are
「それ以外」を3人称といいます。( be 動詞は is

英語の文法に、3人称の単数が主語のとき、現在形では「動詞」にーs をつけるというものがあります。

主語が She で 現在形 なので She loves you と「動詞」に s がつきます。

言い換えたときに、「彼」「彼女」「それ」になれば、現在形ではすべて「動詞」に s をつけるということです

 例) Tom (= he )、my mother (= she )、his dog (= it )
これらは全て、「三人称単数」です。

※ Be 動詞に「 is 」を使うもの、と覚えてもいいと思います。

  Tom is a student.
  ( Tom は男の人だから、言い換えると「彼」になります。)
  Tom studies Japanese.
  ( study に "3単現のs" がつく)

※ study に s をつける場合、y を i にかえて、 es をつけます。

3単現の s,es の付け方

s をつけるもの

runs  knows  plays  eats  likes

es をつけるもの
ーo、ーsh、ーch、ーs などで終わる語は ーes をつけます。

goes  teaches  does  catches  washes

y を i に変えて es をつけるもの
ーy の1つ前が子音のときは、 y を i に変えて es を付けます。

cries  carries  studies

注)play や stay のように ーy の1つ前が母音のときはそのまま s を付けます

have は、has となります。

三人称複数の場合

複数の場合、ーs をつける必要はありません。

三人称複数というのは、they に相当する「主語」のことです。

例) Tom and John (= they )、my parents (= they )

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事