【歌詞】オリジナル作品、タイトル「海と青春」

 

先生
青春とはなんだ!

若いヒロシ
航海です。

今のヒロシ
後悔です。

 

 POINT 
音量に注意して、「ヘッドホン」か「イヤホン」でお聴きください。

 

「この曲いいね!」と感じて頂けたら、ぜひ下記のお好きな「SNS」でシェアしてください。お願いします。

海と青春

 

詞:椎由怜太
曲:米島 勤

目覚めた朝の光を浴びて 遥かな海へ碇を上げよう
白い雲 輝く帆を揚げて 愛の歌を歌おう

流れる雲は僕らの友達 新しい世界へ翼広げる
まるで君は空のペルセウス 期待と不安がよぎる

歌にコードがあるように 自由の中にも限りがあるさ
この青春という広い海も やがて嵐に変わる

南に舵を取ろうかそれとも このまま真っ直ぐに進もうか
どちらにしても同じこと 二度とやり直せない

導く星も見えない夜は やさしい言葉も聞こえない
そんな時はレモンをかじるだけ 明日を信じることさ

生きることは辛いこと どうにもならないこともあるさ
この青春という広い海を 走り続ける限り

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事