去りゆく時代

 

20代の作品。作ったときの記憶がほとんどありません。きっと失恋したときの詩でしょう

 

去りゆく時代(オーディオの再生・歌詞)

 

 

(詩:椎由怜太 曲:米島 勉)

闇が音もなく忍び込むように
いつのまにか...

愛というにはあまりにも短い
二人の時代が今静かに終わろうとしている

楽しかったあの頃 時の流れも忘れて
多くを語りすぎてお互いに傷つけ合い
やがて自分の過ちに気付いた

そんな想い出を言葉に残したい
去りゆく時代にこの歌を歌おう

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事