【歌詞】オリジナル作品、タイトル「形あるもの」

 

20代の作品です。誰かの結婚を記念して作った記憶があります。

 

「形あるもの」の再生、Credit、歌詞

 

 

形あるもの
(詩:椎由怜太 曲:米島 勉)

これから二人で 歩き始める
夕焼けに窓から 首を伸ばして
ハミングで歌の一つも
歌えるような余裕が欲しい
背中の重さにもう
歩けないとき
後ろで優しい言葉が 聞こえてくる

愛はどしゃ降り 雨の中
倒れてもなお 後を追う
そんな悲しい美しさ
自信をもって愛してください

子供が生まれて 二年もすれば
画用紙に大きな丸を描くから
その時は なんてきれいな
お花畑だと思いなさい
子供の心の中は
ただのまるにも
とてもすてきな世界が あるのだから

愛は絵具の白の色
どんな色にも混ぜて使う
空気の色の美しさ
自信をもって育ててください

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事