そよ風の子守唄

 

長女が生まれてしばらくした頃の作品です。初めての子だったので可愛くてしかたがありませんでした。一眼レフのカメラも買いました。詩という形で写真を撮ったつもりです。

そよ風の子守唄

詩:Reita Siiyu
曲:Tsutomu Yonejima

 

そよ風がカーテンを揺らして通りすぎた
君の目の前をふわりと
通りすぎていった
それは君の寝顔がやさしすぎて
通りすがりの風のやきもち
何でもないよと風がささやく
もう一度目を閉じておやすみなさい

そよ風に運ばれて君はどこへ行くの
遠い未来を見つめるうちに
心が溶けて流れる
だけど君はいつまでも変わらない
女の子でいてほしいから
空が青いことの幸せを
心に刻んでおやすみなさい

長い長い旅路を強く生きてほしい
たとえ君の心がどんなに疲れていても
素直な心をいつまでも大切に
忘れないで生きてほしい

そよ風の子守唄、ボナール色の昼下がり
時の流れ、大地の音が
聞こえたような気がする
おだやかな日差しの中に流れる
鳥の声、時計のリズム
幼い頃の思い出だけは
心にしまっておやすみなさい

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう