【宅録】幸せの足音
幸せの足音

 

詩: 椎由怜太
曲: 米島 勉

 

耳をすまして  心を開けば
幸せの足音  聞こえるようです
あなたの言葉  暖かなひびき
ありふれたことでも  笑顔になれる

通りすがりの このひと時
気付かなければ それだけで
何も見えないまま 時が過ぎてしまう
大切なことを 置き去りにして
今を生きることが 幸せなことだと
忘れてしまう

 

開いたままの アルバムをかかえ
無邪気に笑ってる あなたが好きです
驚きの声 大きなため息
何気ないことでも みんな好きです

幸せ過ぎる このひと時
気付いたときの 喜びは
心地よい小舟に 揺られているような
優しさを運ぶ 風のようです
今を生きてるから 幸せの足音
聞こえてきます

耳をすまして  心を開けば
幸せの足音  聞こえるようです

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事