ビートルズの「Good night」という曲は、本当に眠たくなる「子守唄」です。

1968年発売の「white album」の最後に入っています。

ジョンが息子のジュリアンのために書いた曲だそうです。

It is time ~の構文

 

Now it's time to say good night
Good night, sleep tight

By Lennon/MacCartney

さて、「おやすみ」をいう時間だよ
しっかりおやすみ

 

「~してもいい頃だ」と言いたいときは、 It is time ~ の表現を用いる。

time に about, high がつくこともある。

使い方は、It ~ to の構文か、または It ~ that の構文を使う。

 

It ~ to の構文の場合

It is time (for us) to say good night.
私たちはもうおやすみをいう時間だ。

 

It ~ that の構文の場合

It is time (that) we said good night.
( that 以下は「仮定法」、おおむね「過去形」になる。

これは押さえておくべきポイントです

 

ついでに、「同族目的語」のことも書いておきます。

 

Dream sweet dreams for me
Dream sweet dreams for you

By Lennon/MacCartney

僕のためにやさしい夢を見て
君のためにやさしい夢を見て

 

dream のような「自動詞」は本来、目的語はとれないけど、「同族」である場合のみ、「目的語」を取ることができる。ただし、その目的語には「形容詞」がつく。

これを「同族目的語」といいます。

dream a sweet dream
やさしい夢を見る

sing a beautiful song
美しい歌を歌う

die a miserable death
みじめな死に方をする

smile a brightest smile
にっこりと明るく笑う

 

いかがですか、眠くなったでしょう?

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事