ビートルズの「Girl」は1965年に発売された『ラバー・ソウル』に収録された曲です。名義は「レノン=マッカートニー」ですが、ジョン・レノン単独の作品だと思われます。

関係代名詞について

「 girl 」に関しては「タイトル」からは何も学ぶべきことは見当たらないので、内容から「関係代名詞」に焦点を当ててみたいと思います。

Is there anybody going to listen to my story
All about the girl who came to stay?

John Lennon

ボクの心に住みついてしまった女の子について
誰かボクの話を聞いてくれるかい?

< 関係代名詞の主格 >

関係代名詞は、「○○○な△△」などと表現するときに使われます。

ここでは「ボクの心に住みついてしまった女の子」の部分です。

関係代名詞が文の中で果たす役割が主格(~は)の場合、、 who /that (人の場合)、 which /that (物の場合)を用います。

the girl(女の子)→ who(その女の子は)+ came to stay(やって来て心に住みついた)、のような語順になります。

the girl を後に続く文の「主語」にしたいので、関係代名詞の「 who 」に置き換えます。

 

She's the kind of girl who puts you down
When friends are there, you feel a fool

John Lennon

彼女は友達がいる前で君に恥をかかせるような女の子だ
君はばかみたいな気になる

 

この文章も関係代名詞の主格 who が使われています。

the kind of girl(そのような女の子)+ who(その女の子は)+ put you down(君に恥をかかせる)

注)feel a fool は feel like a fool のことです。

 

She's the kind of girl you want so much it makes you sorry
Still you don't regret a single day

John Lennon

彼女は君がとても欲しくなるような女の子で、そのことが君を情けなくさせる
それでも君は1日も後悔する日はない

< 関係代名詞の目的格の省略 >

「 the kind of girl you want so much 」の部分は、「 girl 」の後に、関係代名詞の目的格「 whom 」が省略されています。

関係代名詞の目的格は、1つ前の語(先行詞)を、目的格にかえて、後ろの文につなげるので、

the kind of girl(そのような女の子)→ whom(その女の子を)+ you want so much(君はとても欲しいと思う)、のような語順になります。

訳すときは、「○○○な△△」のように、後ろから「君がとても欲しくなるような女の子」と訳します。

関係代名詞の「目的格」はいつでも「省略」できます。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事