【歌詞】オリジナル作品、タイトル「エピローグ」

 

ヒロシ
この曲は「失恋」の歌だね。もっと淋しそうに仕上げたらどげんの?

ヒロシ
ただ、エレキやら、ラッパやら、ガチャガチャ鳴ってる曲が作りたかったのっ!

 

 POINT 
音量に注意して、「ヘッドホン」か「イヤホン」でお聴きください。

 

「この曲いいね!」と感じて頂けたら、ぜひ下記のお好きな「SNS」でシェアしてください。お願いします。

エピローグ

 

詞:椎由怜太
曲:米島 勤

木蓮の花が咲いているわと 君が指差す
それまでは二人 言葉を忘れて
歩いていた矢先のひと言
それが君の最後のさよならに変わった

それから突然 二つの影が遠くに離れる
声にならない呼び止める声が
聞こえたのは僕だけだろうか
君は急ぎ足で 振り返ることもない

雨の糸にもつれながら 立ちすくむ僕の姿
そこで物語は終わるけど
エピローグが書けないまま二年が過ぎた
エピローグが書けないまま二年が過ぎた

後から思えばあの時の君は 苦しさに耐え切れず
僕にすべての成り行きをまかせて
泣いていたのかもしれない
君が嫁いだのは その年の秋のこと

少しだけの勇気があれば 止めることもできたのに
そして何もかもがうまく行くのに
エピローグが書けないまま二年が過ぎた
エピローグが書けないまま二年が過ぎた

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事