秋

 

若い頃、津和野までドライブしたときの印象をもとに、この曲を書きました。「俳句」調の短い詩なので、「曲」にするのが大変でした。

 

 POINT 
音量に注意して、「ヘッドホン」か「イヤホン」でお聴きください。

 

 


(詩:椎由怜太 曲:米島 勉)

古ぼけた時計台
時を打つのも忘れて
街はほんのりほろ酔い気分
ああ 静かな秋の宵

ひそやかな憧れも
わびしげに消えて行く
街はすっかり店じまい
ああ 静かな秋の宵

 

 

「この曲いいね!」と感じて頂けたら、ぜひ下記のお好きな「SNS」でシェアしてください。お願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事