スポンサーリンク

「西洋の小噺」に「good news, bad news」というのがあります。
こんな感じの、ちょっと「オチ」で「ガクッ!」とくる「ジョーク」です。

医者:いいニュースと悪いニュースがあります。

患者:いいニュースは何ですか?

医者:いいニュースはあなたが受けた検査で、あなたの寿命が24時間だと分かりました。

患者:それがいいニュースですか?じゃあ悪いニュースは?

医者:悪いニュースは昨日あなたに電話するのを忘れていたことです。

ギャラリーのオーナー:いいニュースと悪いニュースがあります。

画家:いいニュースは?

ギャラリーのオーナー:いいニュースは今日ここに一人の男がやって来て、あなたが死んだら絵の価値は上がるだろうかときいてきました。
私が上がりますよと答えたら、彼はあなたの絵を一つ残らず買っていったんですよ。

画家:それはすごい! で、悪いニュースは?

ギャラリーのオーナー:悪いニュースは、彼はあなたのかかりつけの医者だったんですよ。

:いいニュースと悪いニュースがあるの。

:いいニュースは何だい?

:50万ドルの価値がある写真を見つけたの。

:それは素晴らしい! 悪いニュースというのは?

:その写真はあなたとあなたの秘書の写真よ。

弁護士:いいニュースと悪いニュースがあります。

依頼主:じゃあ、悪いニュースから聞こうか。

弁護士:殺害現場で見つかった血液が、DNA検査であなたのものと一致したんですよ。

依頼主:ええっ! もう終わりだ。それでいいニュースは?

弁護士:あなたの血糖値が130に下がっていました。

医者:マイク、君によいニュースと悪いニュースがあるのだが。どちらを先に聞きたいかね?

マイク:悪いニュースをお願いします。

医者:君の両足を切断しなければならなかった。

マイク:なんと!それではよいニュースはなんなんですか?

医者:隣のベットの患者が君のスリッパを買いたいそうだ。

医師「悪いニュースがあります。間違えて良いほうの足を切ってしまったのです。でもいいニュースもあります。悪いほうの足は良くなっています」

このような短いものもあります。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事