日本語の曲

僕のフルート

詩:椎由 怜太 
曲:米島  勉 

~ オリジナル ~
フルートを練習していた頃がありました。

 

 

君のピアノに遅れないように
僕のフルートが後追いかける
覚えたての指が動かずに
横で娘がクスリと笑う

間違えてもそこで止まらずに
先へ進んだほうがいいと言うけど
今度こそはうまくやるからと
結局最初からやり直し

それでも何とかフィーネにたどり着いて
ちょっと長く伸び過ぎたフェルマータ
汗だくの顔に笑みが戻り
娘の笑顔に瓜二つ

部屋の中に響き渡る
笑い声にいつの間にか
時を忘れて過ごす一日
僕と君と娘が二人

楽譜どうりに指を動かして
五線の間を飛び跳ねるうちに
多くの記号に振り回されて
自分を見失うこともある

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 日本語の曲

    潮風に揺られて

    詩:椎由 怜太 曲:米島  勉 ~ オリジナル ~志賀島の…

  2. 日本語の曲

    ただそれだけのこと

    詩:椎由 怜太 曲:米島  勉 ~ オリジナル ~散歩しな…

  3. 日本語の曲

    二次元

    「二次元」というタイトルのオリジナル曲です。「二次元」というのはカ…

  4. 日本語の曲

    幸せの足音

    詩:椎由 怜太 曲:米島  勉 ~ オリジナル ~どこにで…

  5. 日本語の曲

    雰囲気の詩

    詩:椎由 怜太 曲:米島  勉 大学生の…

  6. 日本語の曲

    エンジェル

    詩:水俣市あたりに住む女性 曲:米島  勉 ~ 水俣市の音楽祭…

最近の記事

おすすめ記事

  1. ドレミの歌の魅力はどこに?
  1. 日々の出来事

    子供の庭ー続きー
  2. 日々の出来事

    I went shopping. 「私は買い物に行った。」?
  3. チキンスープ

    マザー・テレサの言葉
  4. チキンスープ

    無料
  5. 日々の出来事

    高良山
PAGE TOP