スポンサーリンク

よく久留米の街中を散歩しましたね。覚えていますか?

散歩しながら、「手をつないで」いました。

いつもキミのほうからボクの手をとって、ボクは少し恥ずかしかったから、

手を振り払うようなしぐさをしたけど、キミははずれないようにしっかり握り返してきました。

振り払うようなことをして、ごめんなさい。内心は、とても暖かくて、幸せな気持ちでいっぱいだったんですよ。

西洋では、「手をつなぐ」、「ハグする」、「軽くキスする」といった行為が単なるあいさつであって、日常的に何の抵抗もなく受け入れられています。

ボクの場合、日本がいくら西洋化が進んでいるといっても、「手をつなぐ」という行為は何か特別のことだと思ってしまうのですよ。

「ハグ」や「軽いキス」は、その場かぎりの「あいさつ」だとボクにも理解できます。

きっと西洋人も、ボクと同じ考えではないのかな?

ビートルズの「I want to hold your hand(抱きしめたい)」の歌詞は、

何か大切なことを打ち明けるときに(きっと「愛の告白」だと思うけど)、「君の手を取りたい」と言っているでしょう?

決して、「抱きしめたい」ではありません。「抱きしめたい」では不自然です。

「愛の告白」をするときに、手をつないで言いたい、という歌ですから・・・

もう一つ、ビートルズの「If I Fell(恋におちたら)」という歌詞に、

I found that love was more than just holding hands.
(愛は単に手をつなぐ以上のものだということがわかった。)

と、ジョンが言っています。

「愛」と「手をつなぐ」とでは、愛のほうがもっと深いものだということでしょうか。

男女が知り合いになったら、「手をつなぐ」とか「キスする」などの行為を経て、次第に「愛」が芽生え、「恋人」になっていくということかな?

でもボクは最近、「手をつなぐ」ことこそが「愛」ではないかと思うようになりました。

キミのおかげだと思います。

「愛」という言葉を出すと、ちょっと照れ臭いけど、

「暖かい状態」、「安らげる状態」、「安心できる状態」、「笑顔になれる状態」

「手をつなぐ」って、こういうことではないかしら?

大げさだけど、世界中のみんなが「手をつなげば」、きっと平和も訪れるかもしれないよ。

今度お散歩するとき、また手をつなごうね。
(ボクも大人になったでしょう?)

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事