日々の出来事

「手をつなぐ」ということ

よく久留米の街中を散歩しましたね。覚えていますか?

散歩しながら、「手をつないで」いました。

いつもキミのほうからボクの手をとって、ボクは少し恥ずかしかったから、

手を振り払うようなしぐさをしたけど、キミははずれないようにしっかり握り返してきました。

振り払うようなことをして、ごめんなさい。内心は、とても暖かくて、幸せな気持ちでいっぱいだったんですよ。

西洋では、「手をつなぐ」、「ハグする」、「軽くキスする」といった行為が単なるあいさつであって、日常的に何の抵抗もなく受け入れられています。

ボクの場合、日本がいくら西洋化が進んでいるといっても、「手をつなぐ」という行為は何か特別のことだと思ってしまうのですよ。

「ハグ」や「軽いキス」は、その場かぎりの「あいさつ」だとボクにも理解できます。

きっと西洋人も、ボクと同じ考えではないのかな?

ビートルズの「I want to hold your hand(抱きしめたい)」の歌詞は、

何か大切なことを打ち明けるときに(きっと「愛の告白」だと思うけど)、「君の手を取りたい」と言っているでしょう?

決して、「抱きしめたい」ではありません。「抱きしめたい」では不自然です。

「愛の告白」をするときに、手をつないで言いたい、という歌ですから・・・

もう一つ、ビートルズの「If I Fell(恋におちたら)」という歌詞に、

I found that love was more than just holding hands.
(愛は単に手をつなぐ以上のものだということがわかった。)

と、ジョンが言っています。

「愛」と「手をつなぐ」とでは、愛のほうがもっと深いものだということでしょうか。

男女が知り合いになったら、「手をつなぐ」とか「キスする」などの行為を経て、次第に「愛」が芽生え、「恋人」になっていくということかな?

でもボクは最近、「手をつなぐ」ことこそが「愛」ではないかと思うようになりました。

キミのおかげだと思います。

「愛」という言葉を出すと、ちょっと照れ臭いけど、

「暖かい状態」、「安らげる状態」、「安心できる状態」、「笑顔になれる状態」

「手をつなぐ」って、こういうことではないかしら?

大げさだけど、世界中のみんなが「手をつなげば」、きっと平和も訪れるかもしれないよ。

今度お散歩するとき、また手をつなごうね。
(ボクも大人になったでしょう?)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 日々の出来事

    私の愛読書は「くまのプーさん」です。

    私は、とある「塾」で英語の講師をしています。その塾の飲み会で、…

  2. 日々の出来事

    御井町にもこんな橋があった

    健康のため毎日歩くことにしている。楽しみながら歩きたいので、、なる…

  3. 日々の出来事

    久留米の「高良川」を覚えていますか?

    今日は、高良川沿いを散歩しましたよ。ボクの家(高良山のふもと)から…

  4. 日々の出来事

    子供の庭ーこづかいさんのお話ー

    『子供の庭』はこれでほんとうにおしまいです。こづかいさんが、まだと…

  5. 日々の出来事

    新・「雨ニモ負ケズ」

    宮沢賢治の「雨ニモマケズ」という「詩」は学校の教科書にも載っているので…

  6. 日々の出来事

    神棚と仏壇と

    今日は、88歳になる母を連れて高良大社に参って来ましたよ。「軽」の…

最近の記事

おすすめ記事

  1. ドレミの歌の魅力はどこに?
  1. 日本語の曲

    ただそれだけのこと
  2. 音楽関連の話題

    ビートルズとドリフターズ
  3. 日々の出来事

    早寝・早起き・朝ごはん
  4. 日本語の曲

    幸せの足音
  5. カバー曲

    ミセス・ブラウンのお嬢さん
PAGE TOP