日々の出来事

とても敏感な人

つい最近、ある記事で「HSP」という言葉を知りました。

「ハイリー・センシティブ・パーソン」の略語だそうです。「とても敏感な人」という意味でしょうか。

 

その記事によると、

・すぐにびっくりする
・服の布地がチクチクしたり、靴下の縫い目や服のラベルが肌に当たったりするのを嫌がる
・驚かされるのが苦手である
・しつけは、強い罰よりも、優しい注意のほうが効果がある
・親の心を読む
・年齢の割りに難しい言葉を使う
・いつもと違う臭いに気づく
・ユーモアのセンスがある
・直感力に優れている
・興奮したあとはなかなか寝つけない
・大きな変化にうまく適応できない
・たくさんのことを質問する
・服がぬれたり、砂がついたりすると、着替えたがる完璧主義である
・誰かがつらい思いをしていることに気づく
・静かに遊ぶのを好む
・考えさせられる深い質問をする
・痛みに敏感である
・うるさい場所を嫌がる
・細かいこと(物の移動、人の外見の変化など)に気づく
・石橋をたたいて渡る
・人前で発表する時には、知っている人だけのほうがうまくいく
・物事を深く考える

 

これらのリストのうち13個以上当てはまると、「HSP」の可能性が高いそうです。

そして、5人に1人は「HSP」だそうですよ。

ボクもその一人かもしれないし、あなたも「HSP」の可能性があるということです。

大人の場合は、「教育」や「経験」で「人とのつきあい」も上手にカバーできると思いますが、

子供の場合、「HSP」の特徴をストレートに出すので、ちょっと「扱いにくい子」と見られるかもしれません。

「個性が強い子」とか「クセのある子」として片づけられるかもしれません。

でも、今の世の中で必要とされる人は、「HSP」の特性を持った人だとは思いませんか。

特に、「ユーモアのセンスがある」、「誰かがつらい思いをしていることに気づく」、「痛みに敏感である」、
「うるさい場所を嫌がる」、「物事を深く考える」、等は「他人を思いやる気持ち」につながる大事な個性だと思う。

「HSP」の人は個性が強すぎて、そうでない人から見れば、「付き合いにくい人」ということになってしまう。

このような個性が「いじめ」の原因になっているとしたら、とても悲しいことです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 日々の出来事

    どの町にも、歴史あります

    Don't know much in knee more, let k…

  2. 日々の出来事

    「手をつなぐ」ということ

    よく久留米の街中を散歩しましたね。覚えていますか?散歩しながら、「…

  3. 日々の出来事

    あなた自身から始めなさい

    「あなた自身から始めなさい。」というのはボランティア精神の根幹となる言…

  4. 日々の出来事

    高良山

    昨日、高良山に登りましたよ。一緒に歩いて登ったことはあったっけ?…

  5. 日々の出来事

    子供の庭ーさらに続きー

    『子供の庭』にはさらに続きがありました。映子との交換日記に書いてい…

  6. 日々の出来事

    御井町にもこんな橋があった

    健康のため毎日歩くことにしている。楽しみながら歩きたいので、、なる…

最近の記事

おすすめ記事

  1. ドレミの歌の魅力はどこに?
  1. 日々の出来事

    プーと大人になった僕
  2. インストルメンタル

    アレキサンダー・ビートル(Inst)
  3. チキンスープ

    勇気について
  4. チキンスープ

    役割 - その果たし方
  5. 日々の出来事

    いろいろと有難う
PAGE TOP