スポンサーリンク

「あなた自身から始めなさい。」というのはボランティア精神の根幹となる言葉です。

世界を良くしようと思えば、まず、身近にいる「家族」に対して、「あなた自身から行動を起こさなければなりません。」

[s_ad]

 

でも何から始めたらいいのでしょうか?ボランティアというのはあまり大げさに考えなくても、ちょっとした行動でできるんだということがわかりました。

 

「roots and shoots」という活動

「roots and shoots」という活動について知っていますか?

一人、一人の心がけから始まり、行く行くは何千万人の心がけで、世界を住みよいところにしようという運動です。

「ジェーン・グドール博士」の提案だそうです。「roots」とは根っこのことです。根っこは「水」を求めるためには、どんな堅い石でも突き抜けていきます。

また、「shoots」とは「新芽」のことで、新芽も太陽の日差しを求めて、どんな固い壁でも突き抜けます。

そんな意味を込めて、「roots and shoots」と名付けたそうです。

「roots and shoots」には、次の3つの「選択肢」があるそうです。

環境・・・こまめに電気を消す、リサイクル、等

動物・・・象牙製品を買わない、等

地域・・・家のまわりの公園や道路をきれいにする、木や草花を育てる、等

「roots and shoots」には「こうしなくてはならない」というルールはありません。
何の制約もなく、学校の「愛好会」のようなものです。、団体として、海岸のゴミ拾い・チャリティーコンサートの開催・動物の観察といった「活動」はあるそうですが、

一人一人が、この世界をより良くしたいと気持ちで行動することが、一番大切なことであるそうです。

世界中には、いろいろな「ボランティア団体」、「環境団体」がありますが、この「roots and shoots」の「存在」を知って、私は「激励」のようなものを頂きました。

私も、「私にできる身近な何か」をしたいと思います。

「世界が変わる」ことを夢見て・・・

[s_ad]

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事