スポンサーリンク
[s_ad]

人生のある時期で失望したとき、私はいつも息子のジェイミー・スコットのことを考える。

ジェイミーは学校の劇で何か「」をもらおうとしていた。

母親は「彼は劇に出たいと一生懸命だけど、選ばれそうにないわ。」と、私に言った。

」が発表される日に、私と母親は、放課後、彼を迎えに行った。

ジェイミーは目を輝かせて、自慢げに興奮して、彼女のところに急いでかけ寄ってきた。

「ねえ、ママ。」彼は大きな声で言った。そして私にとって教訓となるこの言葉を言った。

ぼく、拍手と声援する役に選ばれたよ。

~ Marie Curling ~

 

[s_ad]

 

スポンサーリンク
おすすめの記事