スポンサーリンク

詩:A.A. Milne
曲:Tsutomu Yonejima

A. A. Milne の詩集「 When We Were Very Young 」より
睡蓮には湖の王の娘がいます。追いかけても彼女はつかまりません。

[s_ad]

 

 

睡蓮(原題:Water-Lilies)

Where the water-lilies go
To and fro
Rocking in the ripples of the water

さざ波に揺れながら
あっちこっちへ
睡蓮が行く所に

Lazy on a leaf lies the Lake King’s daughter

湖の王の娘が葉っぱの上で何もしないでただじっとしている

And the faint winds shake her
Who will come and take her?

かすかな風が彼女を揺らす
誰が彼女を連れて行くの?

I will! I will!
Keep still! Keep still!

ボクだよ。ボクだよ。
じっとしてて、じっとしてて。

Sleeping on a leaf lies the Lake King’s daughter
Then the wind comes skipping
To the lilies on the water

湖の王の娘が葉っぱの上で眠っている
すると風が水の上の睡蓮に飛び跳ねてきて

And the kind winds wake her
Now who will take her?

そのやさしい風は彼女を起こす
さて、誰が彼女を連れていくの?

 

With a laugh she’s slipping
Through the lilies on the water

彼女は笑って、水の上の睡蓮の間を
滑り抜ける

Wait! Wait!
Too late! Too late!

待って、待って
手遅れよ、手遅れよ

Only the water-lilies go
To and fro
Dipping, dipping
To the ripples of the water

さざ波につかりながら
睡蓮はただ動いているだけ

[s_ad]

 

スポンサーリンク
おすすめの記事