日本語の曲

「秋」というタイトルのオリジナル曲です。

若い頃、津和野までドライブしたときの印象をもとに、この曲を書きました。「俳句」調の短い詩なので、「曲」にするのが大変でした。

 

 

詩:椎由怜汰
曲:米島 勉

 秋

 

古ぼけた時計台

時を打つのも忘れて

街はほんのりほろ酔い気分

ああ静かな秋の夕焼け

 

ひそやかな憧れも

わびしげに消えて行く

街はすっかり店じまい

ああ静かな秋の宵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 日本語の曲

    雪景色

    「雪景色」というタイトルのオリジナル曲です。かなり昔に作っていた曲…

  2. 日本語の曲

    ただそれだけのこと

    詩:椎由 怜太 曲:米島  勉 ~ オリジナル ~散歩しな…

  3. 日本語の曲

    別離

    詩:椎由 怜太 曲:米島  勉 ~ オリジナル ~若い頃、…

  4. 日本語の曲

    潮風に揺られて

    詩:椎由 怜太 曲:米島  勉 ~ オリジナル ~志賀島の…

  5. 日本語の曲

    肩枕

    「肩枕」というオリジナル曲です。「演歌」を作りたくて、「演歌」のつ…

  6. 日本語の曲

    君のアトリエ

    「君のアトリエ」というオリジナル曲です。小さな子どもが画用紙に「絵…

最近の記事

おすすめ記事

  1. ドレミの歌の魅力はどこに?
  1. 英語の曲

    The Island
  2. インストルメンタル

    アレキサンダー・ビートル(Inst)
  3. 英語の曲

    小さな瞳
  4. 音楽関連の話題

    lullaby の意味について
  5. 日々の出来事

    あなた自身から始めなさい
PAGE TOP