日本語の曲

「秋」というタイトルのオリジナル曲です。

若い頃、津和野までドライブしたときの印象をもとに、この曲を書きました。「俳句」調の短い詩なので、「曲」にするのが大変でした。

 

 

詩:椎由怜汰
曲:米島 勉

 秋

 

古ぼけた時計台

時を打つのも忘れて

街はほんのりほろ酔い気分

ああ静かな秋の夕焼け

 

ひそやかな憧れも

わびしげに消えて行く

街はすっかり店じまい

ああ静かな秋の宵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 日本語の曲

    二次元

    「二次元」というタイトルのオリジナル曲です。「二次元」というのはカ…

  2. 日本語の曲

    肩枕

    「肩枕」というオリジナル曲です。「演歌」を作りたくて、「演歌」のつ…

  3. 日本語の曲

    雪景色

    「雪景色」というタイトルのオリジナル曲です。かなり昔に作っていた曲…

  4. 日本語の曲

    君のアトリエ

    「君のアトリエ」というオリジナル曲です。小さな子どもが画用紙に「絵…

最近の記事

おすすめ記事

  1. ドレミの歌の魅力はどこに?
  1. 日々の出来事

    どの町にも、歴史あります
  2. 英語の曲

    グローイング・アップ
  3. 英語の曲

    軋まぬ鎧の騎士
  4. カバー曲

    明日の風
  5. 日々の出来事

    I went shopping. 「私は買い物に行った。」?
PAGE TOP