「秋」というタイトルのオリジナル曲です。

若い頃、津和野までドライブしたときの印象をもとに、この曲を書きました。「俳句」調の短い詩なので、「曲」にするのが大変でした。

 

 

 

 秋

詩:椎由怜汰

曲:米島 勉

 

古ぼけた時計台

時を打つのも忘れて

街はほんのりほろ酔い気分

ああ静かな秋の夕焼け

 

ひそやかな憧れも

わびしげに消えて行く

街はすっかり店じまい

ああ静かな秋の宵

カテゴリー日本語の曲