肩枕

「肩枕」というオリジナル曲です。

「演歌」を作りたくて、「演歌」のつもりで書いた曲ですが・・・まだまだ修行が足りません。

 

 

 

 肩枕

詩:椎由怜汰

曲:米島 勉

 

居酒屋の カウンター お前と 二人
久しぶりだね こんなふうに 笑いながら
酒を飲み 言葉少なに 穏やかに時が 流れる

寄り添って 肩枕 そんな お前の
仕草がとても 愛しくて 愛らしくて
酒を飲み 目と目が合えば ただ訳もなく 笑って

お前がいつの日か 俺のそばから
いなくなるような そんな気がして
今のこんな幸せにさえ 心が震える

好きだよと 一言が 何故か 言えずに
お前の横顔 見つめては 恥ずかしくて
酒を飲み 世間話しで 俺の心を ごまかした

 

カテゴリー日本語の曲