オレンジ色の街

「オレンジ色の街」というタイトルのオリジナルです。

いつも散歩に出るころ、久留米の街が「夕焼け」に染まります。そのイメージで曲を書きました。

 

 

 

 オレンジ色の街

詩:椎由怜汰

曲:米島 勉

 

空をオレンジ色に

染めて沈む夕陽は

悲しそうに見えるから

そっと眼を閉じる

 

暮れなずむこの街を

少し歩いてみよう

行き交う人の笑い顔

意味のない言葉

 

いつもとおんなじ日々が

夢の中で風になる

通り過ぎて行く度に

繰り返す出来事に胸騒ぎ

 

レトロな店の隅で

一人酔いしれながら

甘い香りに包まれた

君を思い出す

 

カテゴリー日本語の曲