スポンサーリンク

『宅録』Tips

「曲」を作るということも、やはり「真似る」ことから始めたほうがいいと思います。私の場合、「曲」はどこかで聞いたことがあるような、完全パクリの曲ばかりです。でも、まったく同じ「曲」にはならないので、それでいいと思っています。部分的にあちこちから持ってきたというか、頭に浮かぶ「メロディ」が過去にあった「曲」の一部だったりします。完全な「オリジナル」というのは存在するのでしょうか?

Growing Up

【Credit】
詩:A. A. Milne
曲:Tsutomu Yonejima

A. A. Milne の詩集「 When We Were Very Young 」の中の Growing Up に曲をつけてみました。マイナーのスリー・コードで曲を作るのが夢でしたが、できてみると何となく何かに似ていると思いました。

Growing Up

I’ve got shoes with grown up laces.
I’ve got knickers and a pair of braces
I’m all ready to run some races
Who’s coming out with me?

I’ve got a nice new pair of braces
I’ve got shoes with new brown laces
I know wonderful paddly places
Who’s coming out with me?

Every morning my new grace is
“Thank you, God, for my nice braces
I can tie my new brown laces.”
Who’s coming out with me?

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事