音楽関連の話題

ドレミの歌の魅力はどこに?

「ドレミの歌」は誰もが知っている有名な歌です。

1965年、映画「サウンド・オブ・ミュージック」で、主人公のお転婆の修道女見習いのマリアにジュリー・アンドリュースが扮していました。

彼女は、トラップ大佐の7人の子どもたちの家庭教師になります。

ある日、子どもたちに歌を基礎から教えるために歌うのが「ドレミの歌」です。実はこの歌の「歌詞」がとてつもなく「すごい」のです。

 

「ドレミの歌」の英詩はこんなふうになっています。

Doe, a deer, a female deer
Ray, a drop of golden sun
Me, a name I call myself
Far, a long long way to run
Sew, a needle pulling thread
La, a note to follow So
Tea, a drink with jam and bread
That will bring us back to Do

簡単に訳してみますと、

(Do) Doe(牝鹿)は雌の鹿のこと
(Re) Ray(光線)は太陽が落としてくれるもの
(Mi) Me(私)は私が自分のことを呼ぶときの名前
(Fa) Far(遠い)は走るべき長い道のり
(So) Sew(縫う)は針が糸を引っ張ること
(La) La(ラ)はソに続く音符
(Ti) Tea(紅茶)はジャムを塗ったパンと一緒に飲む飲み物
(Do) そして、私たちをに戻してくれる

 

ドレミの音階は英語にすると、 Do  Re  Mi  Fa  So  La  Si(=Ti) Do となります。

ごらんのように「ドレミの歌」は音階の発音をもとに、同じ発音の別の単語を使って詩にしています。

つまり、Do  Re  Mi  Fa  So  La  Ti  Do の音階に、それぞれ Doe Ray Me Far Sew (La) Tea という単語を当てて、その単語を説明する形を取っています。

「Si」「Ti」でもいいので、Tea という語を使っている訳です。

 

さて、ここで「問題」です。

 

(第1問)4行目の、「Far(遠い)走るべき長い道のり」となっています。何故「走るべき」なのでしょうか?「歩くべき」ではいけないのでしょうか?

 

(答え)「歩くべき長い道のり」( a long long way to walk) ではいけません。

理由は、歩く(=walk) では2行目の、a drop of golden sun と「韻」を踏んでいないからです。英語の詩は「韻」をとても大切にします。「韻」は詩の命だとも言えます。
だから2行目の、a drop of golden sun と「韻」を踏ませるために a long long way to run となっているのです。

 

(第2問)パンにバターを塗ったものを「bread and butter」といいます。当然、パンにジャムを塗ったものは「bread and jam」です。ところが7行目の「Tea … a drink with jam and bread」と逆になっていますが、何故でしょうか?

 

(答え)もうおわかりですね。5行目の、 Sew, a needle pulling thread と7行目の、Tea, a drink with jam and bread「韻」を踏ませるためにわざと逆にしてある訳です。

 

(第3問)6行目の、La, a note to follow So( ラ は ソ に続く音符 )の部分で、そのまま音階を使っています。何故でしょうか?

 

(答え)「La」に対する同音異義語がなかったからです。でもここであえて La, a note to follow Soラ は ソ に続く音符)と音階を使ったことで、最後の行の、That will bring us back to Do 「ド」と韻を踏んでいます。

おそらく、That will bring us back to Do (「ド」に再び戻してくれる)という行を最初に思いついて、音階の中で唯一「韻」を踏んでいる「So=ソ」と「Do=ド」あえて使ったのではないでしょうか。(私の個人的な意見ですが・・・)

 

それにしても、とても良く考えられた「詩」だと思います。そもそもこの歌を日本語に訳詞して歌うというのはいかがなものでしょうか。

「ドは「ドーナツ」のド・・・」とはちょっと違うような気がします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 音楽関連の話題

    lullaby の意味について

    lullaby (子守唄)というのは、lull(幼児をあやす、寝か…

  2. 音楽関連の話題

    ビートルズの『ビコーズ』について

    夕方、散歩していて、ビルの谷間に小さな白い雲を見つけました。なぜか…

  3. 音楽関連の話題

    恋はフェニックス

    原題は「By the time I get to Phoenix」…

  4. 音楽関連の話題

    ビートルズとドリフターズ

    武道の聖地である「日本武道館」で初めて「ロック・コンサート」をしたのは…

  5. 音楽関連の話題

    The Way We Were を「追憶」と訳すとは、何と!

    外国の映画や曲のタイトルにつく「邦題」「The Notebook」…

  6. 音楽関連の話題

    Yesterday は「昨日」ではありません

    「Yesterday」 を日本語に訳すと、「昨日」とか「つい最近」とい…

最近の記事

おすすめ記事

  1. ドレミの歌の魅力はどこに?
  1. 日々の出来事

    朝は一杯の珈琲から
  2. 音楽関連の話題

    ドレミの歌の魅力はどこに?
  3. 音楽関連の話題

    lullaby の意味について
  4. 日々の出来事

    早寝・早起き・朝ごはん
  5. 日本語の曲

    別離
PAGE TOP