プロフィール

定年退職して以来、年金暮らしです。現在はたまに夜、塾で英語を教えていますが、日中は暇で、いろいろと趣味を楽しんでいます。

趣味の『宅録』のこと

『宅録』は奥が深くて試行錯誤の連続

私の場合、『宅録』というには、自分で作った曲を伴奏をつけて、自分で歌うという作業です。たまに、人の曲をカバーすることもあります。曲作りから録音までは結構大変ですが、夢中になると、それこそ何時間も没頭しています。

趣味の『ゴルフ』のこと

下手の横好きとはこのことでしょう。

以前は毎日散歩をしていました。お金もかからず、適度な運動になります。でも最近は散歩に飽きてきて、かわりに、ゴルフをするようになりました。暇さえあれば、「打ちっ放し」で練習し、月に何度かコースにも出ています。

趣味の『プーさん』のこと

『くまのプーさん』は大切な愛読書です。

イギリスの詩人・作家である、A.A.ミルンが書いた『クマのプーさん』、『プー横丁の家』、『When We Were Young』、『Now We Are Six』は何度も読み返しています。『クマのプーさん』、『プー横丁の家』は日本語に翻訳したり、『When We Were Young』、『Now We Are Six』は「詩集」なので、その詩に曲をつけて『宅録』したりしています。

趣味の『ホーム・ページ作成』のこと

HTML5やCSS3も少し勉強しています。

「WordPress」を使っています。「CSS」を書き換えることで見栄えが変わったりしますが、なぜかすぐに飽きてしまいます。「シンプルが一番」です。なるべく「テーマ」に沿ってページを作ることにしています。

 

『悩みごと』が一つあります。

退職前に、突発性難聴になり、右耳の聴力がほとんどありません。

60歳になる半年前に、突発性難聴になりました。左の耳は半分ほど聴力が残っていますが、両耳に補聴器をつけて、生活しています。大好きな宅録をするのに、補聴器は欠かせません。最初のうちはやりづらかったのですが、今ではすっかり慣れました。

  1. 音楽関連の話題

    The Way We Were を「追憶」と訳すとは、何と!
  2. 日本語の曲

    雪景色
  3. カバー曲

    プー横丁の家
  4. カバー曲

    明日の風
  5. インストルメンタル

    エピローグ
PAGE TOP